NEW POST

祝賀の茶事 ー炉 正午ー

人生の節目を迎えられる生徒さん4人の為に祝賀の茶事をしました。

いつも稽古を一緒にしてくださっているお二人が水屋を引き受けて下さりました。


「日々是好日」これからの人生の毎日が好い日でありますように。

e0304304_05422051.jpg


1ヶ月前 招待状を送る。
e0304304_07150105.jpg

水屋の準備、懐石の準備、茶室の準備を整える

e0304304_06515208.jpg




当日迎えつけ、黙礼
e0304304_06503683.jpg

蹲で清める
e0304304_06460227.jpg



席入、初座の挨拶

初炭

e0304304_06594943.jpg

懐石
炊きたての飯を出す為に水屋は茶室のタイミングを計り、時間との真剣勝負

e0304304_06451074.jpg
向付  ヒラメの昆布〆 (水屋お持たせ) 紫蘇、赤貝割れ
汁   白味噌 山芋 しめじ 溶辛子
酒   「伝心」(水屋お持たせ)
椀   胡麻豆腐 青菜 柚子胡椒
焼物  銀鱈幽庵 (水屋お持たせ)築地から空輸
預鉢  飛竜頭
強肴  蕪と柿の甘酢付
吸物  いり松の実
八寸  海老 山芋梅肉和え
香の物 沢庵 牛蒡 胡瓜
主菓子「初雪」 手製 紫芋のきんとん
濃茶 一保堂 若松の昔  柳櫻園 祥雲の昔
薄茶 柳櫻園 珠の白


会記
e0304304_07462335.jpg
中立

後座 正客お持たせの濃茶で茶通箱にて

e0304304_07425101.jpg

 後炭 炭所望にて
e0304304_06450230.jpg

e0304304_06482588.jpg

薄茶は水屋のお二人にお任せ、全員が薄茶を相伴しました。
e0304304_07520848.jpg



客一人一人に今後の半生の豊富を語っていただきました。
ビデオに撮りましたので、次の節目に見ると良い思い出になると思います。

私より愛する生徒さん達へと一言添えて終わりにしました。
e0304304_06471671.jpg

相伝をお渡しし、そして全員が退席されました。

e0304304_06480040.jpg

水屋のお一人がいけてくれた後座のお花は美しく、いつまでも心に残っていました。

e0304304_06475118.jpg

独坐観念

e0304304_06485988.jpg

このブログでも以前に書きましたが、何度読み返しても好きな箇所です。

”主客とも余情残心を催し、退出の挨拶終れば、客も露地を出るに高声に咄さず、静にあと見かへり出行けば、亭主は猶更のこと、客の見へざるまでも見送る也、扨、中潜り、猿戸、その外戸障子など、早々〆立などいたすは、不興千万、一日の饗応も無になる事なれば、決して、客の帰路見えずとも、取りかた付急ぐべからず、いかにも心静に茶席に立もどり、此時、にじり上りより這入、炉前に独座して、今暫く御咄も有べきに、もはや何方まで参らるべき哉、今日、一期一会済みて、ふたゝびかへらざる事を観念し、或いは独服をもいたす事、是一会極意の習なり、この時寂莫として、打ち語らうものとては、釜一口のみにして、外に物なし、誠に自得せざればいたりがたき境界なり”

井伊直弼 茶湯一会集 独坐観念


































[PR]
by moonlightnj | 2016-11-27 12:00 | TEA 茶会 茶事