NEW POST

茶事 10月 その1 月清千古秋

風炉の茶事 

久しぶりに茶事を自宅でしました。

色々な都合で少し思っていたより時期が遅くなったのですが、中秋の月をテーマに。

お軸は、”月清千古秋”
大胆に彩度の高い黄色の中廻しを”と表具屋さんに設えて頂きました。
e0304304_1543769.jpg



懐石も頑張って作りました。
ご飯の炊きあがり時間の予想が若干はずれ、例の少ししんのある炊きたてのご飯はしんが残り過ぎに!懐石はタイミング命は本当。ああ、難しい。
こちらでは茶懐石を教えてくれる教室はないのが残念。日本でタイミングがあえば懐石教室に習いに行きたいです。


碗ー帆立の真薯
向付ー甘海老の刺身
焼物ー鮭西京焼
預鉢ー南瓜と蕗の煮物 
八寸ー帆立の幽庵焼 薩摩芋レモン煮
湯ー松の実 針生姜
香の物ー大根、茄子、人参
酒ー渡舟(三年桜酒造)

e0304304_16171993.jpg

e0304304_16172841.jpg

e0304304_16173357.jpg

e0304304_16173847.jpg

e0304304_16174349.jpg


水屋担当ー茶事初体験の高倉君。
一人で初座の水屋、懐石の準備を手伝ってもらいました。素晴らしい!
莨盆の灰押しもしたり、さすが不審庵短講帰りです。

初炭ー香合に三日月香合を。香については、茶事 その2で。。。

主菓子ー南瓜の練り切り 中のこし餡にピーカンナッツをいれたら好評でした。
e0304304_1619912.jpg


後座
e0304304_16511869.jpg



e0304304_16295557.jpg

後座も半東をする高倉君。
お詰めは、お正客のご主人様。さて何回ご夫婦で出会って返すをしたでしょう?


e0304304_163047.jpg

茶杓ー
濃茶 兼中斎宗匠 銘”紫雲” 銘に引かれて衝動買い。
薄茶 康琳(下の息子)私の合作 銘”蔓”銘も息子がつけました❤



後炭ー香合は初炭が三日月なので、後炭は満月とか十六夜とかを探してましたが、見つからず。
まあ、合わせ過ぎも野暮かもしれないと思い、
結局見立ての、アメリカの作家マイケル ミカウドのテーブルウエアー。”紅葉葉風”
e0304304_16395855.jpg


e0304304_16383677.jpg

月で遊んでみました。

そして薄茶のが終わり、若干寂しい気分でお客様をお送りしました。

ありがとうございました。


去年は毎月のように学校やギャラリーで市民茶会をしていたので、茶事を1回も出来ず。。。2年前までは茶事に目覚めてから毎年、炉と風炉の茶事は必ず1回はしていました。

やはり自宅で茶事を!と思い、友人の記念のお祝いにと、久しぶりに茶事をさせて頂きました。
友人が楽しんでもらえる様にと、連客様をお誘いし、道具を選びました。
喜んで頂けたら幸いです。。。
[PR]
by moonlightnj | 2014-11-12 16:53 | TEA 茶会 茶事