NEW POST

茶事 10月 その2 9歳の息子の嗅覚

9歳の息子の嗅覚



e0304304_17131330.jpg


茶室に炭を入れて、茶事用の虎の子の沈香を焚いたら、9歳の息子が「いい匂い〜。」と。
「いつもと違うの分かるの?」と聞いたら「うん。暗い所から光が見える感じがする」(in English)
すごい表現力にびっくりしてしまいました。
京都で連れ回した時のお寺さん(おそらく瑞峯さん)を覚えていたのか?確かに設えられた茶室というのは、そんな感じがします。

そして懐石の出汁をとっていると、又息子が、「じいじとばあばのお家の匂いがする。」と。
確かに。茶事用の昆布は普段用とは違い、すごく良い真昆布。
「よくわかるね〜」と言ったら、「美味しそう」と言ってました。彼はお味噌汁が大好き。

子供の純粋な感覚は素晴らしいなと、ちょっと感動してしまいました。

茶事の準備

今まで茶事の前日は毎回徹夜でした。とにかくラストミニッツにする事が山のようにあり、これもあれも終わっていない〜とする事は尽きず、加えて家族が寝た夜中からでないと集中して準備ができない状況でした。

これではいけないと、今回は前々から計画して、余裕をもつ筈だったのに、やはり前日と当日の朝は大忙しに。日曜日の朝に家族全員に手伝ってもらいました。
上の息子はお茶を掃いてもらったり、下の息子は掃除を手伝ってもらったり。主人は、蹲を洗い、そして私の指示通りに大忙しのフル活動。

山下宗匠のビデオで、”茶事は自宅で家全体で家族全体でもてなすもの” という様な内容をおっしゃっていた気がします。自宅で茶事をするのは、その準備を見ているだけでも子供達にとって良い経験になるのだとつくづく思いました。


途中で水屋担当の高倉君を迎えに行って、ぶっつけ本番の事を沢山指示。(ごめんね)一度リハーサルをしましたが、茶事は初体験。それでも私の言った事が瞬時で理解できるのは、不審庵の短期講習会に行かせてもらったからだと、しみじみ。

e0304304_17131030.jpg

e0304304_1713626.jpg

[PR]
by moonlightnj | 2014-11-12 17:20 | TEA 茶会 茶事