NEW POST

ライフ 年末 断捨離 ”茶道具収納廻り”

茶道の水屋には、すべての清められた道具は、清められた場所に、いつも有るべき物があるべき場所に置かれて、整理され清浄でなければいけない。と小笹宗匠がおしゃっていた。
e0304304_05290598.jpg

私の断捨離の作業は、茶道によって、バージョンアップされたと思う。

茶道具、、、。終わりの無い欲の様な物で、私のような、茶人として若く(あくまでも茶人として(笑))、普通の家庭持ちで、しかも外国暮らしの者が茶道具を揃えようとしたら、本当に大変である。

それでも今は、情報が豊富で、ネットやオークションもあり、昔に比べたら値段もずいぶんと安くなったと日本の先輩、先生方がおっしゃる。でも皆さん共通してぽろりとこぼされるのは、「無理をしない事」。
茶道具は、上は国宝(級)まである。そしてとても細かい決まりや流派によっての好みがあり、まず知識と基礎の情報が無いと購入できないものである。

そしてお稽古道具だけでも本当に沢山種類があり、しかも季節で変わる。
ひとつだけ良いものを!と清水の舞台でえいっと買っても、他の道具とのバランス、そして欲しい物は尽きる事なく。。。。。

そう、日本で釜を掛けてられる先生方とは全く違う世界だと思った方が良い。

今年の講習会で小笹宗匠が茶道具について、こんな事をおっしゃった。
「お稽古は、歴代の表千家の家元好みの写しを使いなさい。そしてその美的感覚を良く学び、そして自分の好みの道具や、見立ての道具は、自分の茶事で使えば良いです。」

はい。でも写しも沢山沢山あるんです。その中で自分の好みのを少しづつ集めれば良いかな?これから私の茶人の人生あと30年はあると思うので、早めに買って30年使えば悪くない?
これからはすごーく欲しい茶道具を一般の女性が買う、バッグ、アクセサリーを我慢して、買います!(いままでもそうでしたが)

さて増え続ける茶道具。つまらない物をこれ以上買わないように、きちんと整理した。
やはりこれも写真、名前、作者、形状、購入年等々すべてエクセルファイルにて保存。大切な物は風呂敷で包み、タグをつけ、茶碗は季節別の箱にまとめラベルを、各箱別のリストも作成し、一目で出したい道具を取り出せるように。
e0304304_05313465.jpg

e0304304_05314521.jpg

ヤフオクはたまに使うけど、やっぱり実物を見て後悔(涙)という事が5割程。そして良いものはそれなりに値段が上がる。私のように目も知識も少ない者は、オークション買いは止めた方が無難だと言う事がやっと分った(笑)。
素人が掘り出し物を見つけるのは、あまりないと言う事でしょうね。
今年の夏、名美と東美の道具市にいって、同じ流派の道具屋さんや茶人の先輩と一緒に回って助言を頂きながら求める事が一番だとわかった。

着物と一緒。ネットで買うとすごく安く手に入るけれど、信用できるプロの方に個人的に見立ててもらって、手触りを確認して、顔写りを見てから買った着物とは、お気に入り度が全く違い、着る頻度がそれに比例する。そして気にいらない着物はあまり着ない=かえって割高、という法則は正しい。





[PR]
by moonlightnj | 2014-11-29 05:43 | LIFE ライフ