NEW POST

kids

March 05, 2011
テーマ:茶道ーこども茶会、茶道のイベント
今回でたぶん5回目の茶会を、キッズ国際学園でさせて頂いた。
全校生徒と、国際クラスの保護者の方達も参加いただいた。

点前は、アメリカ人男性のお弟子さんにしていただいたのだが、お客様から色々な質問をいただき、興味を持っていただいた。

一番印象的だったのが、
幼児部だった子供達が、みんな2年生になって背も伸びて、その成長ふりがまぶしかった。

毎年春に茶会をさせていただいているので、何度も体験している子は、お菓子もお茶もみんなおいしいといって平らげてくれた。

男の子も女の子も浴衣を着て、上手に畳の上に座って、静かに、熱心にお点前を見てくれている。
経験のない子供達には、お辞儀とお茶の飲み方を教えるだけだけど、キッズの子供達は、さらにもうひとつ進んで、飲んだ後に、茶碗の拝見をしてもらった。

茶碗がもし手から落ちてしまっても、割れないように、低い位置で見るのがポイント。
「ひじをお膝の上に置いて、お茶碗をなるべく下のほうで見ましょうね」と言うと、そのまましてくれる。まるで長くお茶を習っているみたいに、とても様になっていた。

茶会が終わった後、先生が児童達に感想文を書かせてくれた。

あまりに嬉しかったので、その一つのコピーを頂いた。
かわいらしい浴衣を着た女の子のイラストとともに、とてもきちんとした字で、感想文を書いてくれた。
最後の文章は、"お茶をもう一回やりたくて、たまらなくなりました。3年生になったらもう一回できるかもしれません”。

嬉しいですね。是非3年生になったら、又おいしいお茶を差し上げますラブラブ
[PR]
by moonlightnj | 2011-03-06 14:06 | TEA 茶道クラス