NEW POST

茶道クラス お菓子 秋

お稽古とお茶会のお菓子は私がいつも手づくりをしています。

多い時には100個を一日前の夜作る時もあり、夜中までお菓子を丸めていると無の境地に入ります(笑)

まだまだ上手にできませんが、防腐剤や食用色などの不要物を入れず、ほぼ自然の材料のみで仕上げています。その為色はあまり鮮やかではありませんが、子供達が安心して食べてもらえるように、色々と工夫をしています。

こちらは今年の秋のお菓子。

e0304304_00445713.jpg
錦秋  寒天で粒餡をまぶしてします。菓子器は日本帰国される方のガレージセールで2ドルで求めた三島の和食器。



e0304304_00450272.jpg
栗まんじゅう  お菓子作りの上手な先輩に教えて頂きました。大変美味しいです。
菓子器は、実家で使っていた春慶塗の食籠。虫籠のようなので秋に使っている。

e0304304_00450774.jpg
栗金団  栗の甘露煮をこし餡でつつみ、さらにメイプルシロップで甘みをつけた白餡で茶巾絞りをしています。
菓子器は、前畑雅峯さんの独楽。内の銀の松の蒔絵が美しい。

e0304304_00482793.jpg
南瓜の練り切り  ピーカンナッツ入りの粒餡に南瓜と白餡の練り切りで包み、向日葵の種で南瓜のヘタをつけました。
菓子器は、アメリカの雑貨屋West Elmのステンレスの皿。夏に干菓子器として使っていた。


さて冬のお菓子は何にしようかな。。。。。


[PR]
by moonlightnj | 2015-11-17 00:50 | TEA 茶道 お菓子 懐石料理