人気ブログランキング | 話題のタグを見る
NEW POST

表千家同門会米国東部支部 松風荘 秋の市民茶会 2016

今年の松風荘の茶会は北澤社中の当番。

松風荘の小間席は最も楽しい支部活動の一つ。

松風荘は1954年にMoMAの展示のために名古屋で建築(工匠11代伊藤平左衛門)。この茶室は、表千家9代了々斎が1810年に京都紫野大徳寺聚光院に作った「枡床の席」の写し。
The Shofuso complex was originally built in 1954 for an exhibit at the Museum of Modern Art in New York City. Prefabrication was done in Nagoya, Japan under the supervision of master carpenter Ito Heizaemon XI. This tea room was modeled after Masudoko-no-seki (tea room with a square alcove) of Juko-in, a subtemple of the Daitoku-ji, a famous Zen temple. Juko-in has been the family temple of the Sen family since Sen no Rikyu. Masudoko-no-seki was built in 1810 under the instruction of Omotesenke’s ninth Grand Master, Ryoryo-sai. So, this space represents an authentic Sukiya style of tea room design favored by tea masters.

表千家同門会米国東部支部 松風荘 秋の市民茶会 2016_e0304304_10131617.jpg
表千家同門会米国東部支部 松風荘 秋の市民茶会 2016_e0304304_10111030.jpg
表千家同門会米国東部支部 松風荘 秋の市民茶会 2016_e0304304_10180575.jpg
表千家同門会米国東部支部 松風荘 秋の市民茶会 2016_e0304304_10122975.jpg
炉の室礼は本来立冬を迎える頃炉開をするが、この升床席の特徴である、向う切りで楽しんで頂く為、少し早めに開けた。
This is still the season for a brazier, but to take advantage of the unique feature of this square-alcove room, the location of the hearth, we have chosen to open the hearth about a month ahead of the norm.




道具組み

テーマは”紅葉”

”時雨洗紅葉”大徳寺瑞峯院 前田昌道和尚、継道和尚合作
The hanging scroll at the alcove is a work of calligraphy by Shodo Maeda of Zuiho-in. It reads “Autumn rain washes scarlet tinged leaves.” Rain makes the leaves even more beautiful. The message is of the season and as a Zen phrase it allows different interpretations.

表千家同門会米国東部支部 松風荘 秋の市民茶会 2016_e0304304_10124728.jpg
I wish to draw your attention to the Water Container (水指). This is a Shigaraki ware in Onioke style by Ueda Juhei, repaired with lacquer and gold. Chanoyu esthetics sees value in imperfections. So even visible repair marks become features to be appreciated. Story behind the repair becomes part of the utensil’s history. In Japanese psyche, autumn is time of nagori, the feeling of lingering attachment to things that are about to fade away, and is an appropriate season to use utensils with restoration history.


名残と呼ばれる美しい言葉がある。10月はまさに名残の月で、 茶壺の茶の名残、草花の名残等、過ぎ去ってゆくことを惜しむ心を表した言葉である。
また欠けたり割れたりした道具を破棄しないで、漆で補強し金で継いでその景色を楽しむ事ができる。そこには物語があり新たな楽しみとなる。

山下宗匠著 ”わが茶の湯”ー滅びゆくゆくものの美ーより
”侘び寂びと言われる精神を言葉で表現するのは難しいが、茶人がこう言った道具を使ってそれを表現するのを見ると理解しやすい。豊かさの中でのこのような発想は茶の湯でしかない。”
表千家同門会米国東部支部 松風荘 秋の市民茶会 2016_e0304304_10145999.jpg



山下宗匠著 ”四季の茶の湯 秋” に書いてある言葉をとても気に入っている。

”茶人は、釜を懸ける事によって自分の心を表現するものである。持っている道具を使って、自分の茶室で、とにかく、釜を懸けて客を呼ぶ事が先ず第一と言える。”

身の丈を考えて、表千家の歴代の美と自分の好みがあった道具に出会ったらドキドキする。
でも何よりも大切なのは”無理をしないこと!”

よくよく考えて自分の持っている道具との組み合わせ、使いたい場所等を考えながら。
私のところに来てくれるお道具との出会いは恋愛の一目惚れ(後先考えらない)に近い。
だから危険なのだが。。。。

表千家同門会米国東部支部 松風荘 秋の市民茶会 2016_e0304304_10175146.jpg
先輩が担当している広間書院席で。

by moonlightnj | 2016-10-07 10:47 | TEA 茶道 支部活動

アメリカでニュージャージーとブルックリン、マンハッタンで表千家流茶道を教えています


by MURASAKI TEA